萬久山龍昌寺は、北アルプスを臨む長野県
松本市にある曹洞宗のお寺で、虚空蔵菩薩を
本尊としてしています。言い伝えによると、
一六一〇年〈慶長十五年〉松本城主の小笠原氏
によって城下の宮村町に萬久山長松院として
建立されました。明治の初めに、松本藩内で 
吹き荒れた廃仏毀釈により一時廃寺となって
しまいましたが明治二十年に「萬久山龍昌寺」
として復興しました。
その後、明治四十三年の大火で伽藍の殆どを
焼失し、また昭和初期の都市計画によって、
現在地の鎌田に境内地を移転しました。
昭和三十八年に霊園を宮村町から郊外の野溝
に移し、昭和四十三年に五十余年ぶり新本堂
を新築して現在に至っています。 寺行事 寺子屋風カルチャー教室